ホーム > 活動事例集 > 水防専門家派遣制度

水防専門家派遣制度 announcement

(1)概要 (3)年齢構成
(2)派遣実績

(1)概要

水防活動の核となる水防団等において、指導者の不足、実践経験の不足等により、水防知識・技能の伝承・習得が困難な状況を踏まえ、水防技術に精通した人材を「水防専門家」として登録し、水防管理団体等の要請に応じ派遣、出前講座等を行って水防団等の水防知識の習得・研鑽を支援する体制を整備。(平成19年2月創設)
 水防専門家は出前講座等で以下の指導を行う。

 ① 水防訓練における水防工法の指導
 ② 水防に関する講習

◇任期

3年

◇派遣費用

水防専門家派遣に要する費用薦す(交通費、宿泊費、日当)は、原則として要請した水防管理団体等(市町村等)において負担。

◇派遣の流れ

(2)派遣実績

水防専門家は年平均25回程度派遣されており、水防工法の指導を行っている。
 水防専門家は出前講座等で以下の指導を行う。

◇利用実績

◇水防訓練(兵庫県尼崎市)平成28年5月18~19日

積み土のう指導積み土のう指導
土のう作り指導土のう作り指導
月の輪工法指導月の輪工法指導

◇水防訓練(北海道瀬棚郡今金町)平成28年7月25~26日

ロープワーク指導ロープワーク指導
木流し工指導木流し工指導
改良積み土のう指導改良積み土のう指導

(3)年齢構成

水防専門家の任期は3年であるが、再任される方も多く、平均年齢は、制度創設時は63歳に対し、現在は67歳となっており、また、70代以上の割合が約4倍に増えるなど高齢化が進んでいる。
土のう作り指導